日本国内における新型インフルエンザに対する警戒レベル

日本国内における新型インフルエンザに対する警戒レベル


日本もWHOの定める基準を参考にしつつ、

日本の実情に応じた策略を検討するのに適した段階として

国内の警戒レベルを5段階に分類しており、

現在第二段階(国内発生期)に設定しています。

これは、国内で新型インフルエンザが発生した状態を意味します。


ちなみに、第三段階は

 国内で、患者の接触歴が疫学調査で追えなくなった事例が

 生じた状態

となっています。


インフルエンザの予防法はこちら






新型インフルエンザの警戒レベルって?(世界)

新型インフルエンザの警戒レベルって?

 新型インフルエンザ警報フェーズとは

 WHO(世界保健機関)が定める新型インフルエンザに対する
 警戒レベルの段階のこと。
 ひとつのフェーズから他のフェーズにいつ移るかを含めて、
 現時点でのフェーズの指定はWHOの事務局長が行う。
 それぞれの警報フェーズは、WHO、国際社会、各国政府、産業が
 取るべき、一連の勧告された活動に対応する。
 ひとつのフェーズから他のフェーズへの移行は、
 インフルエンザの疫学動向、循環しているウイルスの特徴を
 含めたいくつかの要素により規定される。

今回の新型インフルエンザは・・・

 現在、WHOは「フェーズ5(パンデミックアラート期)」に

 設定しています。

 これは、ウイルスのヒト−ヒト感染がかなりの数

 認められている状態を意味します。

 
フェーズは全部でフェーズ6までですから、高いレベルに設定

されています。

確実な殺菌力・優れた安全性↓↓↓↓↓↓↓↓








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。