流行地から帰ってきたが家族と一緒にいても良いですか?

流行地から帰ってきたが家族と一緒にいても良いですか?

流行地からの帰国者については
症状を認めなくとも、7日間は自宅で待機いただき、
外出はなるべく控えていただきくようにお願いしています。
ただし、家族と一緒に食事をしたり、
同じ部屋で過ごすことは構いません。
会社等外出する必要がある場合は、呼吸器症状がなく、
完全に健康な状態であることを前提として、
マスクをして外出することは禁止していません。

家族に感染症に弱い方がいる場合には、
なるべく居室を分けるなどの工夫をして、
7日間は接触を減らすように注意してください。

うがい・手洗い・咳エチケットなどの予防行動を心がけ、
風邪症状の兆候(のどの痛み・倦怠感など)があれば、
すぐに保健所に連絡してください。





新型インフルエンザの感染者が家族の中にいる場合はどうすればよいのですか?

新型インフルエンザの感染者が
家族の中にいる場合はどうすればよいのですか?



新型インフルエンザの患者が自宅での治療となった場合、
同居の家族は濃厚接触者となり健康観察の対象となります。
このため、外出を自粛し、他の人との接触を極力控えるとともに、

・一日朝夕2回の検温と体調変化を本人が毎日記録する

・発熱や呼吸器症状が現れたときは直ちに保健所に連絡する

・保健所が定期的に行う健康状態確認の問い合わせに
 応じる。

また、

・患者はなるべく家族とは別の個室で静養することとし、
 マスクの着用や「咳エチケット」を心がけてもらう

・手洗い、うがいをてっていし、マスクを着用する

・患者の看護や介護をした後は必ず石けんによる手洗い、
 またはアルコール製剤による消毒をする


具体的な予防法はこちらから





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。