耐性ウイルスにもタミフルは有効!WHO

こんにちは〜

ついに私の会社の社員も新型インフルエンザに

感染した人がでました〜がく〜(落胆した顔)

どんどん広がっているような気がしますもうやだ〜(悲しい顔)


ところで、

世界保健機関(WHO)は、

新型インフルエンザの治療でタミフルが依然

有効である

との見解を示したそうですわーい(嬉しい顔)


 WHOによると、

 これまでに世界全体で75例の耐性ウイルスが確認exclamation×2

 特別顧問は、

 米英で耐性ウイルスが確認された患者が

 免疫機能に重度の障害を抱えていたと指摘。

 タミフルによる治療は、

 中程度の免疫障害を持つ患者には大きな影響がないが、

 重度の障害がある場合には十分に注意を払う必要があるとした。 


ということは、まだタミフルでいいということでしょうね〜


少しは安心しました。

会社でも、外でも、マスクつけている人が多くなりました

身近な人が、感染したら、自分も感染しているかも

しれないから、しっかりとマスクしましょうねるんるん








新型インフルエンザの治療法は?

新型インフルエンザの治療法について教えてください

主な治療法は抗インフルエンザウイルス薬

(タミフル・リレンザ)の投与です。

これらの薬は、医療機関等において医師が必要と認める場合に、

処方されます。

1)抗ウイルス療法

 病院 シンメトレル  90mg 朝夕2回に分けて3日間投与

      (体重20kgの子どもの場合)

      シンメトレルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える
      作用が確認されている薬で、
      A型のインフルエンザに対して有効です。
      1999年より保険診療でも使えるようになりました。
      発症してから48時間以内に内服を開始すれば
      発熱期間を短くし、
      病勢を抑える効果が確認されています。

 病院 タミフルドライシロップ 80mg 朝夕2回に分けて
      3日間投与(体重20kgの子どもの場合)
      タミフル 1日2回各1カプセルを3日間内服(成人の場合)

      インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が
      確認された薬で、A型およびB型のインフルエンザに
      対して有効です。
      投与期間は最大で5日間です。
      1歳未満の乳児に対する投与は
      原則として行わないよう勧告が出されています。

2)発熱(体重20kgの子どもの場合)

病院カロナール錠(200mg)  1個 頓用
      38.5℃以上の時内服、
      8時間以上間隔をあけて。

      インフルエンザ罹患時にアスピリンを内服すると
      ライ症候群を発病する危険が高くなることが
      知られています。
      その他の解熱剤に関しても一部はインフルエンザの時は
      慎重に対応する必要があることがわかってきています。
      現時点ではアセトアミノフェンを第1選択として
      使用するのが最善と考えられます。

【その他の治療】
 病院 リレンザ  1日2回 5日間吸入

      インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が
      確認された薬で、
      A型およびB型のインフルエンザに対して有効です。
      吸入で投与するというユニークな薬ですが、
      その投与法の特徴も影響し、
      小児への使用は認められていません。









広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。