新型インフル死亡、100人に=「高齢者の感染、警戒必要」−厚生労働省

こんばんは〜

京都市は6日、

新型インフルエンザに感染した山科区在住の男性(74)が

死亡したと発表exclamation×2

国内の新型インフルエンザ感染者の死亡は

疑い例も含め100人となった。


厚生労働省は

「感染者の年齢層が広がりを見せており警戒が必要。

手洗いの徹底などを心掛けてほしい」と呼び掛けている。


 京都市によると、

男性は悪性リンパ腫や糖尿病の基礎疾患があり、

4日に38度台の熱が出て市内の病院を受診。

処方されたタミフルを帰宅後服用したが、

5日午前に倒れ、搬送先の病院で午後5時前に死亡が確認された。

死因は悪性リンパ腫による急性呼吸循環不全で、

6日の遺伝子検査(PCR)で

新型インフルエンザ感染が確認

 国立感染症研究所の推計では、

11月29日までの累計患者数は約1264万人

既に国民の10人に1人が感染した計算になる


驚きですね〜10人にひとりですよがく〜(落胆した顔)

ということは、鹿児島はこれからまだまだ・・・ふらふら

私の会社もこれからまだまだ・・・もうやだ〜(悲しい顔)


しっかり予防しましょうねexclamation×2










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。