新型インフルエンザ マスクの正しい選び方と使用方法

チョリース手(チョキ)

新型インフルエンザの予防策として

マスクを購入する方が増えてます。


ところで、

そのマスクですが、どんなマスクを購入すればいいのか?

また、正しい着用方法は?

という質問にお答えするような記事が

日経ビジネスにありましたので、

抜粋して紹介いたします。


まず、

マスクにはガーゼや紙、

立体や平面、ワイヤーあり・なしなど、

いろいろ種類がありますよね。

消費者が選ぶに適したもの、

インフルエンザ予防の際におすすめのマスクの形や、

防御率を高めるコツなどがあれば教えていただきたいのですが。

今までは「マスク」=「ガーゼマスク」でしたが、

ここ最近マスクは使い捨ての不織布マスクが主流になっています。

不織布はガーゼと異なり、

紙と同じように繊維の密度が細かいため捕集能力が高く、

細かなものも防ぐことができます。


齢が高い方ほど今まで慣れ親しんだガーゼを使う傾向が強いため、

最近「立体型(ワイヤー調整)不織布マスク」に切り替えた方は、

「マスク」=「ガーゼマスク」のイメージがあるためか、

「口元に当てるだけ」の傾向が強いようです。


「立体型不織布マスク」はどのようにつけるのがいいのですか?

平面型も立体型も、

使い切りタイプ(いわゆる使い捨て紙タイプ)の商品は

マスクのヒダ(プリーツ)を開いて顔に隙間ができないように

ぴったり密着させることが大切です。


ワイヤーが付いているものに関しては、

鼻の形にフィットさせるようにワイヤーを変形させ、

鼻部分のスキマをなくしてから使用してください。


また、

海外の商品は日本のマスクに比べて大きめのものが多いので、

できるだけ自分の顔に合ったサイズを選び、

使用することを心がけてください。


姫系ファションお姉系ファッションダイエット音楽エコ婚カツ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。